秋のメニューが始まっています。

朝夕すっかり涼しくなって、秋の風が久しぶりの故郷の匂いを、運んできています。

2008aki2

インターネット接続の具合が悪く、すっかりご無沙汰してしまいました。

この間に、食材のほうも、すっかり秋のものに変わってきています。

秋のお勧めメニュー

  • きのこご飯
  • 秋鮭ときのこのホイル焼き
  • 白魚とエリンギ茸の玉子とじ、等など

とっておきメニュー

surumeika2

今日は、自家製のスルメイカの一夜干と塩辛を仕込んでいます。

四季のなかでも、とりわけこの秋の季節は、魚も野菜も一段とおいしい季節です。

とっておきの食材を、ご用意してお待ちしておりますので、また是非お立ち寄りください。

                                  (店主)

 

8月の営業予定

お盆(13~16日)も、夜のみ休まず営業させて頂きます。

但しお昼は、御予約頂いた場合は営業させていただきますので、事前にご連絡下さい。

kanban20087

暑中お見まい 申し上げます

今年も猛暑の夏でしょうか。

梅雨の合間は、例年よりも肌寒かったような気がしますが、このところ猛暑と豪雨のニュースが続きます。

鮎の季節です

ayu

7月にはいり、鮎のシーズンも最盛期となります。鮎は、なんといっても塩焼きがおすすめです。

鮎の「わた」には、かすかな藻のかおりがして、通な人には、得がたい味です。

暑さ厳しい折、「鮎の塩焼き」は冷酒のさかなにおすすめの一品です。

中取り純米 楯野川 : (山形県)

『日本料理 三ツ橋』の厳選地酒のご紹介です。

tatenokawa楯野川
アルコール度:15~18度
日本酒度:+3
原料米 :美山錦
精米歩合:55%
楯の川酒造株式会社
搾られてくるお酒の中程だけ瓶詰めした(中取り)、
やわらかく適度ににおってくる香り。
ほど良い酸味がここちよいです。
米の旨みの奇麗でスマートな味わい。

日本料理との相性が良いお酒です。初夏からの季節は、冷酒でお楽しみ下さい。

当店では、950円(150ml入)でご提供しています。

純米無濾過生 るみ子のお酒:(三重県)

『日本料理 三ツ橋』の厳選地酒のご紹介です。

rumiko

アルコール度 :14.5%
日本酒度:+6
酸 度 :1.5
アミノ酸度 :0.5
原料米 :阿波山田錦・長野産ひとごこち
精米歩合:60%
酵 母 :協会9号
三重県伊賀上野森喜酒造場
当店では、950円(150ml入)でご提供しています

漫画家”尾瀬先生”が命名、ラベルを描かれた商品です。(別称すっぴん)

無濾過あらばしり生原酒を飲みやすい様に14%まで加水しました。
食事と一緒に気軽に飲んで頂けるお酒になっています。
バランスが良く、程良い酸味が、ややこってり系のお食事にもよくあいます。

純米辛口 蔵太鼓 :  (福島県)

『日本料理 三ツ橋』の厳選地酒のご紹介です。

kuradaiko

アルコール度 15~16%
日本酒度 +10.0
酸度 1.4
使用米 美山錦、タカネミノリ
精米歩合 60%
福島県喜多方市喜多の華酒造場
当店では、900円(150ml入)でご提供しています。

超辛口ながら、数値(+10)ほど辛さは感じない、

口当たりがよく飲みやすいお酒です。 繊細な酸味と甘味のバランスが絶妙に取れている。

ほんのりと米の旨味を感じさせる、辛口というよりも、瑞々しい軽口の酒。
濃い味付けの料理や脂っこい料理では口中をスパッと洗い流してくれます。
お燗でも冷でも美味しくいただけます。

特別純米 伯楽星 : (宮城県)

『日本料理 三ツ橋』の厳選地酒のご紹介です。

hakurakusei

アルコール度 15.8%
日本酒度 +3.0
酸度 1.8
使用米 山田錦
精米歩合 60%
当店では、950円(150ml入冷酒)でご提供しています。
ほのかな香りにシャープな口当たり。
柔らかな中にも芯の通った深みのあるお米の旨みと綺麗な酸味が見事にドッキングし、バランスの良い仕上がりです。

蔵元の杜氏は、「インパクトは求めずに究極の3杯目を目指す。あくまでもお料理が主役でお酒は脇役を考えています。」とのこと。
究極の食中酒といわれる伯楽星は、旬の素材を生かした「三ツ橋の日本料理」を一層引き立ててくれるTお酒です。

純米吟醸 八海山 : (新潟県)

『日本料理 三ツ橋』の厳選地酒のご紹介です。

hakkaisanアルコール度 15.5%
日本酒度 +5.0
酸度 1.2
アミノ酸度 1.1
使用米 山田錦(麹米・掛米)、美山錦他(掛米)
精米歩合 50%
使用酵母 協会 9号
当店では、1,280円(150ml入冷酒)でご提供しています

 

穏やかな吟醸の香り。独特の優しい香りが心地よく漂います。
しかし、このお酒のコンセプトは、あくまでも食中酒として、香りをわざと抑え、料理の邪魔をしない事でしょうか。
味わいは「八海山」らしい軽やかなタッチ。 キリリと引き締まった辛口タイプ。
淡麗辛口の中にも味わいがほのかにあって後味も素晴らしいです。
サラリと口に入り、サッと切れていく・・・しかし旨味は程良く残る・・・そんなイメージです。
季節の素材を生かした三ツ橋の日本料理との相性は、まさにピッタリです。
豪雪地帯ならではの清涼な仕込み水と米所ならではの高品質な原料米。

まさに「八海山」の自然そのものといった感じのお酒を三ツ橋の日本料理とともに、お楽しみください。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

本格的な日本料理を気楽に楽しむ『日本料理 三ツ橋』は、山梨の美味しい和食店です。